Cub Fw20 2 Taylor Johnson H Srgb 72 Max Mara

ダウンジャケットにフォーカスしたマックスマーラの
『ザ・キューブ』は、アウターウェアとアクセサリーを融合させたコレクションであり、2008年に誕生しました。
また、「キューブ」と呼ばれる独自のパッケージングによって、クリアで確固たるアイデンティティが際立ちます。

Max Mara The Cube

マックスマーラ『ザ・キューブ』のデザインは非常にイノベーティブで、ベルリン美術館や、ニューヨークのファッション工科大学(FIT)「ファッション&テクノロジー展」で、「カルトオブジェクト」として展示されています。

そのデザインの背景にある研究と革新を祝し、マックスマーラは3人の著名なフォトグラファーに「キューブとライフスタイル」というコンセプトで、それぞれの視点から見た『ザ・キューブ』の解釈を依頼しました。

「私が撮ったどの写真を見ても、写真の中の娘たちは身を寄せ合っていることに気づきました。まさに、心地よい羽毛でそっと包み込まれて守られているようなフィーリングです。私は、娘たちが互いにつながり、温かく、守られていると感じることができるように心がけました。それが、私たちが親としてできる最善のことだからです。」

『ザ・キューブ』コートが収められた箱が写真家・映画監督のサム・テイラー=ジョンソンの玄関口に到着したまさにその頃、ロサンゼルスではCOVID-19感染拡大を阻止するためロックダウンの準備が進められていました。サムは当初想定していたスタジオ撮影のアイデアを断念し、二人の娘を即席のモデルとして起用しました。
『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』(Nowhere Boy)や『Fifty Shades of Grey』(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)などの作品の映画監督としての名声に加えて、サムはアートの世界にも精通しています。彼女の写真は自伝的で様々な解釈ができ、2度の癌治療から生還した彼女にとって身近な「死」をもテーマにしています。今回の作品では、皆が閉じ込められている困難で歴史的な今この時を的確に反映した、真の心地よさを表現しています。

Cub Fw20 2 Taylor Johnson I Srgb 72 Max Mara

「私が撮ったどの写真を見ても、写真の中の娘たちは身を寄せ合っていることに気づきました。まさに、心地よい羽毛でそっと包み込まれて守られているようなフィーリングです。私は、娘たちが互いにつながり、温かく、守られていると感じることができるように心がけました。それが、私たちが親としてできる最善のことだからです。」

『ザ・キューブ』コートが収められた箱が写真家・映画監督のサム・テイラー=ジョンソンの玄関口に到着したまさにその頃、ロサンゼルスではCOVID-19感染拡大を阻止するためロックダウンの準備が進められていました。サムは当初想定していたスタジオ撮影のアイデアを断念し、二人の娘を即席のモデルとして起用しました。
『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』(Nowhere Boy)や『Fifty Shades of Grey』(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)などの作品の映画監督としての名声に加えて、サムはアートの世界にも精通しています。彼女の写真は自伝的で様々な解釈ができ、2度の癌治療から生還した彼女にとって身近な「死」をもテーマにしています。今回の作品では、皆が閉じ込められている困難で歴史的な今この時を的確に反映した、真の心地よさを表現しています。

「私は、視覚的にも構造的にも複雑な環境を探していました。理路整然としたきっちりとした環境ではありません。『ザ・キューブ』を引き立てる舞台と色調が欲しかったのです。」

スティーブン・ショアは、さまざまな伝説に彩られたまさに写真界の巨匠。写真家としての彼のキャリアは、若干14歳にして自らの写真をニューヨーク近代美術館に売ったその時から始まりました。60年代、アンディ・ウォーホルのファクトリーに出入りするようになり、24歳のときにメトロポリタン美術館で個展を開催しています。
都会とインダストリアルなランドスケープの間で揺れ動く設定に『ザ・キューブ』を当てはめたイメージには、ショアがのドキュメンタリースタイルが見受けられます。整いすぎても、作りこまれてもなく、パーフェクトなビジュアルバランスでキューブコレクションを引き立てています。

Cub Fw20 Stephen Shore F Srgb 72dpi Max Mara

「私は、視覚的にも構造的にも複雑な環境を探していました。理路整然としたきっちりとした環境ではありません。『ザ・キューブ』を引き立てる舞台と色調が欲しかったのです。」

スティーブン・ショアは、さまざまな伝説に彩られたまさに写真界の巨匠。写真家としての彼のキャリアは、若干14歳にして自らの写真をニューヨーク近代美術館に売ったその時から始まりました。60年代、アンディ・ウォーホルのファクトリーに出入りするようになり、24歳のときにメトロポリタン美術館で個展を開催しています。
都会とインダストリアルなランドスケープの間で揺れ動く設定に『ザ・キューブ』を当てはめたイメージには、ショアがのドキュメンタリースタイルが見受けられます。整いすぎても、作りこまれてもなく、パーフェクトなビジュアルバランスでキューブコレクションを引き立てています。

「私のキャラクター、セット、アイデアは、私がこれまでの人生の中で収集してきたものを融合させたものです。」

アレックス・プラガーは、街の至るところにリアリティとファンタジーが交錯するロサンゼルスで育った。芸術家の一家に生まれたアレックスは、クラシック映画に夢中になり、「登場人物が住むためのすべてを網羅する世界」を着想するという監督の役割を深く知ることとなりました。
実際、今回のプロジェクトの作品では、登場人物とその感情-リアリティとファンタジー―を融合した、シネマティックなイメージが表現され、作品の被写体として、彼女のミューズである姉のヴァネッサを選びました。

Cub Fw20 Alex Prager C Srgb 72 Max Mara

「私のキャラクター、セット、アイデアは、私がこれまでの人生の中で収集してきたものを融合させたものです。」

アレックス・プラガーは、街の至るところにリアリティとファンタジーが交錯するロサンゼルスで育った。芸術家の一家に生まれたアレックスは、クラシック映画に夢中になり、「登場人物が住むためのすべてを網羅する世界」を着想するという監督の役割を深く知ることとなりました。
実際、今回のプロジェクトの作品では、登場人物とその感情-リアリティとファンタジー―を融合した、シネマティックなイメージが表現され、作品の被写体として、彼女のミューズである姉のヴァネッサを選びました。

そのほか、今までに以下の11名のフォトグラファーがこのプロジェクトへ参加をしています。エリック・マディガン・ヘック、コト・ボロフォ、川内倫子、ヘレン・ファン・ミーネ、マックス・ファラゴ、ロレンツォ・ヴィットゥーリ、クリストファー・アンダーソン、ティナ・バーニー、ティアニー・ギャロン、ローリー・シモンズ、マリリン・ミンター。

Cube Landing Camelux Mobile Max Mara

サステナブルな”CameLuxe"が登場!

特集を見る