Cube Cover Video Max Mara

Max Mara The Cube

ダウンジャケットにフォーカスしたマックスマーラの
『ザ・キューブ』は、アウターウェアとアクセサリーを融合させたコレクションであり、2008年に誕生しました。
また、「キューブ」と呼ばれる独自のパッケージングによって、クリアで確固たるアイデンティティが際立ちます。

”写真を撮る時、私はその瞬間を切り取ります。面白そうなことが起こる状況を作って、クリエイティブなプロセスに誰でも参加できるようにします。そうすることで自然な瞬間が生まれるのです”

マリブを拠点に活躍するアーティスト、ティアニー・ギャロンは、カリフォルニアの風景や雰囲気にインスピレーションを得て、マックスマーラ ザ・キューブ向けに2回目の写真撮影プロジェクトを行いました。その瞬間を生きる:それが、写真を撮る時にギャロンが守る原則です。誰もが参加できる自然発生的な瞬間を再現し、思いがけないハプニングが起こるのを待つのが彼女のルールです。

's Cube 1 Max Mara

”写真を撮る時、私はその瞬間を切り取ります。面白そうなことが起こる状況を作って、クリエイティブなプロセスに誰でも参加できるようにします。そうすることで自然な瞬間が生まれるのです”

マリブを拠点に活躍するアーティスト、ティアニー・ギャロンは、カリフォルニアの風景や雰囲気にインスピレーションを得て、マックスマーラ ザ・キューブ向けに2回目の写真撮影プロジェクトを行いました。その瞬間を生きる:それが、写真を撮る時にギャロンが守る原則です。誰もが参加できる自然発生的な瞬間を再現し、思いがけないハプニングが起こるのを待つのが彼女のルールです。

革新性が際立つマックスマーラ ザ・キューブのデザインは、ベルリン美術館のほか、ニューヨークのファッション工科大学(FIT)「ファッション&テクノロジー展」で「カルトオブジェクト」として展示されています。マックスマーラ ザ・キューブのデザインの背後にある研究と革新を称えるため、マックスマーラは3人の著名なフォトグラファーに「キューブとライフスタイル」というコンセプトで、それぞれの視点から見たプロジェクトの解釈を依頼しました。

's Cube 2 Max Mara

革新性が際立つマックスマーラ ザ・キューブのデザインは、ベルリン美術館のほか、ニューヨークのファッション工科大学(FIT)「ファッション&テクノロジー展」で「カルトオブジェクト」として展示されています。マックスマーラ ザ・キューブのデザインの背後にある研究と革新を称えるため、マックスマーラは3人の著名なフォトグラファーに「キューブとライフスタイル」というコンセプトで、それぞれの視点から見たプロジェクトの解釈を依頼しました。

's Cube 10 Max Mara

そのほか、エリック・マディガン・ヘック、コト・ボロフォ、川内倫子、ヘレン・ファン・ミーネ、マックス・ファラゴ、ロレンツォ・ヴィットゥーリ、クリストファー・アンダーソン、ティナ・バーニー、ローリー・シモンズ、マリリン・ミンター、サム・テイラー=ジョンソン、スティーブン・ショア、アレックス・プラガーという13名のフォトグラファーがこのプロジェクトに参加しています。

's Cube 7 Max Mara

サステナブルな”CameLuxe"が登場!

特集を見る