マックスマーラ 2023年春夏ランウェイショー 「青い水平線」

1920年代、太陽が降り注ぐビーチでは、名作が生まれ、マニフェストが議論され、タイムレスなリヴィエラ・スタイルが創り上げられました。
マックスマーラの2023年春夏コレクションは、その時代のファッションや建築を体現したルネ・ペルルやアイリーン・グレイ、2人のアイコンにインスパイアされています。

全てのルックを見る

コレクションの主役は、背中の大きく開いたタンクトップに、ボリュームのあるキャンバス地のセーラーパンツ、裾に向かってふんだんにひだを寄せたスカート、ヴァナキュラーアートスタイルのフラワープリントを施した大きなオーガンザのリボン。クラシックなコートからは、太陽の光を浴びて色あせたビーチローブのような柔らかな魅力が漂います。
マックスマーラのそれぞれのアイテムはただ着るためだけでなく、それを身に着けて生活することを念頭にデザインされています。心揺さぶる鮮やかな地中海ブルーがアクセントになった本コレクションは、モダニティのビジョンを共有するルネ・ペルルとアイリーン・グレイが、輝く青い水平線を笑顔で見つめている、そんな架空の出会いを物語っています。

Fw22 Max Mara

2022年秋冬ランウェイショー

ランウェイショーを見る