マックスマーラ 2022年リゾートコレクション「ローカル カラー」

ジネヴラ・エルカン監督によるデジタルランウェイショー

イタリア-イスキア島の美しい景色を舞台に表現されたマックスマーラ 2022年リゾートコレクション。
インスピレーション源となるのは、作家のトルーマン・カポーティが「ローカル カラー/観察記録」の中で回想した旅であり、本コレクションのタイトルの由来ともなっています。
カポーティの物語を象徴するのは、「白鳥(スワン)」と呼ばれ、洗練された美しいものを追求することに人生を賭けたきらびやかな世界を旅する社交界の女性たち。
マックスマーラが描く現代の「白鳥」もあらゆるシーンで完璧であろうと華やかな生活を送る働く女性たちです。
ファッションショーのムービーは、トルーマン・カポーティの「白鳥」の一人であるマレラ・アニェリの姪、ジネブラ・エルカンが監督しています。

全てのルックをチェック

2022年リゾートコレクションは、ミッドセンチュリーのシルエットにスポーツウェアのテイストを加え、場所に縛られない現代的なエレガンスを表現したコレクションです。
マックスマーラのアイコン、101801コートは季節の変わり目にパーフェクト。頭上のロッカーに詰め込まれてもシワにならないテクノリュクスなジャージーで新たな命を吹き込まれています。

明るい光が差し込むホテルプラザアテネのファサードを埋め尽くすゼラニウムの花。
本コレクションではそのピンクから深紅へと移り変わるグラデーションを取り入れ、相反するパターンを巧みな技で表現しています。それは、トルーマン・カポーティが幸せな4か月間を過ごし、「ローカル カラー/観察記録」に描いたイスキアに咲く花によく似ています。
ゼラニウムの花のように、マックスマーラのワードローブはパリでもイスキアでも何処でも美しく映え、自信と幸福感をもたらします。

Resort 22 Mezzatorre Max Mara
Resort 22 Mezzatorre Max Mara