A Max Mara

2019年度『マックスマーラ フェイス・オブ・ザ・フューチャー賞®』はエリザベス・デビッキ

オーストラリアの女優エリザベス・デビッキは、2019年6月12日(水)にカルフォルニアのビバリーヒルズに佇むザ・ビバリー・ヒルトンホテルで開催された2019 年度ウィメン・イン・フィルム ガラにて『マックスマーラ フェイス・オブ・ザ・フューチャー賞®』を授与されました。
ウィメン・イン・フィルムは、映画業界で仕事をする女性のキャリア促進を支援することで、男女平等を実現し、文化を変革していくことを目的とした非営利団体です。

女優エリザベス・デビッキは、その演技者としての功績と時代を超えた品位あるスタイルが評価され、毎年恒例のウィメン・イン・フィルム「マックスマーラ フェイス・オブ・ザ・フューチャー賞®」の第14 回受賞者となりました。
オーストラリアの映画・舞台女優で、瞬く間に世界の注目を集めたエリザベス・デビッキは、パリで生まれ、バレエダンサーであった両親の関係でオーストラリアで育ち、映画 “Widows”や、“The Great Gatsby”、ドラマ “The Night Manager”での素晴らしい演技が世界中の賞賛を集めました。

「マックスマーラ フェイス・オブ・ザ・フューチャー賞®」について

2006 年にウィメン・イン・フィルム クリスタル+ルーシー賞®のひとつとして発足した『マックスマーラ フェイス・オブ・ザ・フューチャー賞®』は、映画およびTV業界での仕事を通じて、また一般社会への貢献を通じて、キャリアのターニングポイントを迎えている女優を対象に、その目覚ましい業績と、気品を兼ね備えた独自のスタイルを持った女性に授与されています。

過去の受賞者には、アレクサンドラ・シップ、ゾーイ・ドゥイッチ、ナタリー・ドーマー、ケイト・マーラ、ローズ・バーン、ヘイリー・スタインフェルド、クロエ・グレース・モレッツ、ケイティ・ホームズ、ゾーイ・サルダナ、エリザベス・バンクス、エリザベス・バンクス、ジニファー・グッドウィン、エミリー・ブラント、マリア・ベロが名を連ねます。

過去の受賞者たち